電話占いを使って占い師に相談するなら、鑑定歴の長い人を選ぶべき

電話占いは最近市場がかなり伸びているみたいですね!

私が初めて利用したのは、2010年ぐらいの時でした。

 

運営歴19年のミスティーラインのような老舗サイトもあるし、最近出来たココナラの電話占いサービスなんかもあります。

 

サイトを選ぶ基準は別のページで書きましたが、今回は「どの鑑定師」を選ぶべきなのかっていう事についてお話していこうと思います。

過去に新しく電話占いを始めた占い師にお願いしたら・・・

電話占いって、鑑定結果は別にしても、たぶんカウンセラーのような一面もあると思います。

だから、占い師じゃなくても、ある程度わたしたちの反応を見ながら、どちらとも取れる言い方をする人も多いです。

 

つまり、ぶっちゃけると占いじゃなくて、メンタリストみたいに、巧みな話術と反応を拾う能力で、さも当たっているかのように利用者が錯覚するってことです。

 

新しく鑑定を始めた占い師さんにお願いしたときは、まさにその通りでした。

それって、さっき私が言った話を使って、ふくらませただけじゃないの?って思うことが多数。

本当は鑑定できないけど、なんとなくどっちつかずの言い方をして、反応を見ながら会話しているのかなーって。

 

また全く当たっていない鑑定をする人も多かったし、鑑定結果を言って終わりっていう人もいました。

その後はどうしたらいいの?っていう感じ。

アドバイスをくれるわけでもなく、対策を教えてくれるわけでもなく。

それって、本当に占い師って言えるのか、はっきりいうと疑問です。

 

だって、タロットカードとか、そういった説明書を見ながらだって出来るわけで・・・本当に占い師として実力があって、色々な人から評価されているなら。

相談者に満足してもらえてて、占い師としてお給料が稼げているなら。

 

そう思うと、必然的に鑑定歴が長い人のほうが、信頼できると思いませんか?

鑑定歴が長い占い師は、実力で長い期間お金を稼いでいる事実

毎日1時間だけといった、副業的なシフトで占い師として働いている人は、見出しの通りではないかもしれません。

 

でも待機時間が数時間はあって、鑑定歴が長い人なら、占い師として実力があって、今までやってこれているんだと思います。

ちゃんとした仕事だし、お金を稼ぐ能力だから、鑑定の実力があるか、相談者の悩みを解決できる能力があるってことですよね?

 

ということがありますし、実際に過去に無駄なお金を占いで使ったなーっていう経験があります。

占い師全員に当てはまるわけじゃないけど、電話占いを使うときは参考にしてみてください。

 

  • 鑑定歴が長くて、評価されている人に相談するべし

 

電話占いヴェルニ.net

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*